これは誰も同じ考えでしょうけど、まだ童貞だからとにかくセックスに対しての興味と言うのは強烈なものがありました。
セックスしたらどれ程気持ちの良い射精ができるのだろう、あの女性のエロチックな肉体で本能剥き出しになりたいなんて思ってしまうものです。
ネットのエロい動画とか画像でシコシコしていても、やっぱり満足することなんかできないんですよね。
リアルな女性の肉体を使った性処理、これはどうしたって経験しなければならないって感じがしました。
できれば10代のうちに童貞卒業を果たしたい、そんな目標を掲げていました。
高校とは全く違った大学という世界は、多くの人たちが集まってきています。
女性の数だって高校の頃とは比べ物にならないほど多くいるわけですよね。
だから、恋人を作ること自体は難しくないと考えていました。
彼女を作ってセックスをたくさん楽しんでいく、初体験を済ませた後は激しく性処理を毎日のように繰り返したいなんて思っていたんです。
かなり期待を込めて大学に入学したのは良かったのですが、予定通りに事が進みませんでした。
女友達こそできるものの、セックスをすることができる彼女を作ることができませんでした。
できれば10代のうちに関係を持ちたい、初体験を済ませたいと思っていたので、思わぬ誤算となってしまったのでした。
自分と同様に仲の良い友達は童貞で、早めにセックスを決めたいなという話ばかりしていました。
オナニーではどうしようもないから、あの女性のエロチックな体を使った性処理を激しく楽しみたい、これがお互いの一致する意見だったのです。
これだけたくさんの女性たちが大学にはいるのにもかかわらず、付き合う相手を見つけられないという最悪の事態が続いてしまってました。